適量のアルコールは健康には無害

アルコールは飲み過ぎると健康を害するものですが、一方で酒は百薬の長という言葉もあり、適量のアルコールであれば総合的に見て害はないとも考えられています世界保健機構によれば、お酒は60種類以上もの病気の原因になると言われています。肝臓や消化管、膵臓などに負担がかかるため、肝硬変や胃潰瘍、糖尿病などのリスクがあがるため、長期の飲酒や大量の飲酒は健康を損ねると言うことは間違いありません。ただ適正な量の飲酒であれば、大きな害はなく、少量であればインスリンの分泌を促して血糖値を下げたり、善玉コレステロールを増加させる効果もあるので、適量の飲酒によって発症リスクが下がるものもあります。

アルコールとの上手な付き合い方

アルコールは、適切な量を守って摂取すれば健康に良いとされる飲み物です。脳梗塞にならない人は、実は飲酒する人の方が割合が多いという結果が出ています。他にも善玉コレステロールを増加させたり、冷えの改善の為には温かい甘酒も良いでしょう。日本酒3合に値する量を摂取する習慣がある人の場合は死亡率が低下し、4合以上の飲酒が習慣づいている人は死亡率が増加します。過剰摂取すると、健康への害は消化器官の悪性腫瘍のリスクが増加するので気をつける必要があります。アルコールは適切な量を守って飲酒すれば、人とのコミュニケーションを取るのに良いツールだったり、気分を解放してリラックスさせる手助けをしてくれます。

↑PAGE TOP

© Copyright 健康の為にアルコールは適量に. All rights reserved.